1913737 472258739648136 2919712674180491727 n

 

 

 

 

 

法(ダンマ)の智慧によって苦しみを終わらせる

 

私たちは仕事をするとき

 

この世間で通用する知恵を身につけなければなりません。

 

しかしそれだけでは不十分です。

 

法(ダンマ)の智慧が必要になります。

 

世間の知恵は、世界を高め発展させるという

 

何かを作り出すために活用します。

 

しかし法の智慧は

 

心の苦しみを減らし

 

終わらせるために活用するのです。

 

もし心の気づきを高めることがなければ

 

世間の知恵は、衰え通用しなくなっていきます。

 

知恵のある人が絶対に欠けてはならないもの。

 

それは気づきを高めるということです。

 

 

 

 

 

知識よりも、知恵が大事。

 

よく言われる言葉だ。

 

カンポンさんはさらに深く洞察され

世間の知恵と、法の智慧の違いについて

わかりやすく説明してくださっている。

 

世間の知恵は、

何かを生み出し、増やしていく。

 

法の智慧は

苦しみを減らし、終わらせていく。

 

 

どんなにいいものを生み出していても

それが苦しみの心で行っていたり

それ自身が苦しみとなっていたらならば

智慧のあるとは言えない、ということだろう。

 

どんどん少なくなる

どんどんなくなっていくという価値観。

 

この価値観を人生に取り入れていくことは

とても大切だと思う。

 

カンポンさんは今

ターミナルの状態であり

調子が良くなくて

一旦バンコクに戻り静養されている。

 

体の調子が良くても悪くても

心は苦しんでいかない、という

法の智慧を今まさに実践されている。

 

 

生きた法の智慧を体現すること。

 

どんな多くの言葉よりも

伝わっていくものなのだろう。