6月に続いて小平で!

 

 11月下旬の日本でのイベント

 いろいろ決まってきましたのでお知らせです。

 

 いつもお世話になっているさらださんこと

 三田地真実先生(星槎大学大学院 教授)が

 素敵な場を作ってくださり

 25日(日)に東京・小平で

 「対人援助者のためのマンドフルネス瞑想」

 お話と実践をさせていただくことになりました。

 

 小平は今年6月にも同じ場所で

 させてもらったのですが、

 公園がすぐそばにあって本当に素敵な場所!

 また訪れる機会をいただいて

 私も楽しみです。

 

 ご興味ある方、秋の小平で

 お会いしましょう〜。

 

 

 

 以下、告知文です!

(その下にテキストを載せますね)

 

 

Screenshot 2018 10 20 13 19 24

 

〜〜〜

 

対人援助者のための

マインドフルネス瞑想

~タイ仏教に根差した気づきの瞑想のお話と実践~

 

 

 

 

今年、タイの洞窟で 13 人の少年たちが救出されたニュースは記憶に新しいと思います。実はあの少年たちが落ち着いて笑顔でいられたのは、タイで実践されている瞑想のおかげなのです。

 

今回、対人援助に関わる皆さんに向けて、マインドフルネスの源流と言われているタイの仏教について学び、また日常や仕事においても役に立つような、マインドフルネス瞑想を実践するワークショップを企画しました。 

 

午前の部では主に「タイ仏教とは?」「タイ仏教に根差した気づきの瞑想とは?」というテーマでお話を伺います。


午後の部では、タイのお坊様も日々実践されている「気づきの瞑想」について実際に体を動かして学びます。お天気が良ければ玉川上水やどんぐり林にも出かけます。

 

どちらかだけでの参加もOKです!

ぜひ、ご一緒に学び、実践してみませんか。 

 

 

 

【講師】浦崎雅代さん 


沖縄県生まれ。タイ仏教翻訳家・通訳。元タイ国マヒドン大学宗教学部講師。東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。共訳書にカンポン・トーンブンヌム著(上田紀行監修・プラユキ・ナラテボー監訳)『「気づきの瞑想」で得た苦しまない生き方』(佼成出版社)など。現在は、タイ東北部カオヤイにある気づきの瞑想修行場、ライトハウスに在住し、翻訳・執筆、瞑想ワークショップの開催、通訳を行っている。 

 

 


午前の部(講話)10時~12時半

午後の部(実践)13時半~16時半

 

【場所】都営津田町一丁目アパート集会室

    (小平市津田町1丁目24)


【参加費】午前のみ:2000円

     午後のみ:2000円

     全  日:3000円

 

 お申し込みはQRコードより


Screenshot 2018 10 20 13 43 21



 googleフォームにて(先着20名)


 

 

 

【ファシリテータ】三田地真実(星槎大学大学院教授

【主催・問合せ先】教育ファシリテーションオフィス   

          mmitachi@gmail.com(三田地)