プラム・ビレッジ・タイランド

 

 マインドフルネスという言葉が

 日本でも流行っているということを伺い

 時代はどんどん変わってきたなあと感じる今日この頃。

 

 テレビでも、また本屋さんの特集コーナーでも

 マインドフルネス。

 

 私がタイに来はじめた20年以上前、もちろん

 マインドフルネスと言う言葉を知っていましたが

 それイコールほぼ、

 このお名前を連想していたものでした。

 

 その方とは、ティク・ナット・ハン。

 ベトナムの禅僧ですがベトナム戦争への反戦が引き金となり

国外に亡命せざるをえず、フランスで「プラム・ビレッジ」

と言う修行場を立てられた方。

 西洋では仏教といえば、チベットのダライ・ラマに次ぐ

知名度の僧であり、素晴らしい著作も世界中に(もちろんタイにも)

翻訳されています。

 

 気づきを持って、ご飯を食べる。

 気づきを持って、一歩一歩歩く。

 気づきを持って、洗濯をする。

日常の一つ一つを丁寧に。

 そんな教えを大切にしていらっしゃり

また在家・出家のサンガたちも大勢いらっしゃいます。

 

 先日は、日本でもテレビでティク・ナット・ハン師の

ことが紹介されたとか。

 ちょうど今ライトハウスに修行に来られているNさんも

日本で放映を見てきたんですー!とおっしゃっていました。

 

 

 さて、昨日の朝。

 いつものように朝食タンブンするとき、スティサート師から

「Faaさん、今日お坊さんたちもみんなで

 タイのプラムビレッジを訪問する予定なんだけど

 一緒に行きますか?」

と誘ってくださいました。

 

 実はタイにもプラム・ビレッジが出来て

私が今いるライトハウスと同じパクチョンという地に

あるのです。

 プラム・ビレッジのお坊さんの姿は

私がいつも買い物に行くスーパーでよく見かけていたので

(タイのお坊さんとは袈裟が違うのですぐわかります)

いつか行きたいなあ、と思っていました。

 

 ということで、昨日お誘いをいただき、急遽

プラムビレッジへ。 タイミングが来るものですね!

 

 ライトハウスから約1時間(パクチョンは案外広かった)。

カオヤイの自然に囲まれた広い大地に

プラム・ビレッジ・タイランドはありました。

 

 入り口には、ベトナム語での看板が。

 もっと英語が多いかと思っていたのですが

案外ベトナム語の方が多い印象を受けました。

 

 そして所々、大きな石にこんな素敵な言葉も。

20799347 1673518129326510 8238371323848173392 n

 

ベトナム人僧侶のご案内を受けて

タイのお坊さん、タイの在家の方、中国・日本人も一緒に

説明を受けました。

20663922 1673518232659833 6466116742603845018 n 

20728008 1673518189326504 3856915428706801974 n

 

ちょうどお昼時間も来たので

一緒に「気づきを保ちながらのランチ」を共に。

200名以上の出家者の方がいて、

静かに淡々と一つ一つの味を感じていきます。

 

静養中のティク・ナット・ハン師

 

その後ビレッジ内をご案内いただきました。

 

20664546 1673518039326519 6332752890954384713 n  

実は、ビレッジ内にあるこちらに

今ティク・ナット・ハン師が病気療養なさっておられるそうです。

90歳を超える師。

脳出血で倒れられて世界中の方が心配されていましたが

あたたかなタイの、しかも空気の美味しいこの

カオヤイの地で静養されている。

遠くからではありましたが、皆で拝礼し

師のご病気回復とご長寿をお祈りさせてもらいました。

 

唯一の日本人出家者、宮下直樹さん

 

20768083 1673517902659866 6357912148891250775 n

そして、その後!

 

実は私がぜひプラム・ビレッジを訪れたかった理由。

それは宮下直樹さんという日本人の方が

先月出家されたからです。

 

宮下さんとは面識がありませんでしたが

ひょんなご縁で宮下さんがタイに来られる前に連絡をいただき

ぜひいつかお会いしたいですね、とお会いできる日を

楽しみにしていました。

 

宮下さんはご実家が神社で、

彼自身も臨済宗の坐禅に長年親しまれておられたそう。

ご縁あってティク・ナット・ハン師が来日されていた時の

ワークショップに出られてから

フランスや他の地のプラムビレッジも訪れられて

修行を重ねられています。

 

そして昨年もタイのプラムビレッジで3か月間出家し

今年はさらに本格的に出家をなさるということで

まさに修行が始まったばかりと言った感じでらっしゃいました。

 

急な訪問にもかかわらず、喜んでくださり

宮下さんとゆっくりお話しさせていただきました。

 

宮下さん、新しい環境の中、

さらにティク・ナット・ハン師のお側で修行できることを

とても喜んでらっしゃいましたよ。

 

修行に専念される期間ということで

ネットなどでのやり取りができないとのこと。

 

なので私がお役目として、と言ってはなんですが

宮下さんのお元気な顔をこのブログでお届けします!

 

プラムビレッジは、ライトハウスから車で1時間程度。

道も覚えましたので、自力でいけます。

そして毎週月曜日が

LAZY DAY という割と自由になる時間であることを伺ったので

「ぜひ、ツイキャスで生放送しましょう!」

と宮下さんにお誘いしたら、ぜひ!という話になりました。

 

 タイのプラムビレッジから

 宮下さんのご活躍を私の方がインタビューさせてもらう方で

後日お届けしたいと思います。

 

 タイの田舎から、面白いムーブメントが

 起こってきそうで楽しみです。