あまり知られていないプッタタート師の話を、、

 

 一昨日、久しぶりに

 主人へのインタビューツイキャスを行いました。

 テーマは

 「プッタタート師について」

 

 マニアックなテーマです。

 

 プッタタート師(ブッダダーサ比丘)

 

 タイでは知らない人はいない有名なお坊さま。

 そして私も昨年師の本を訳させてもらいました。

 

 このような威風堂々としたお姿の方です。

 13321981 1610123285964694 5477636656659211165 n

 

 

 英訳されている本も多いので

 おそらくテーラワーダ仏教に興味のある西洋人が

 「タイ人のお坊さん」と聞いて

 イメージする方の一人でありましょう。

 

 ただ日本ではこれまでほとんど興味を持たれてこなかった

 お坊さまなのですね。

 現在タイの国内外で活躍するお坊さん、知識人、社会活動家

 などに思想的にも大きな影響を与えた方なのでありまする。

 

 実は私の主人、ホームさんも、その一人。

 

 若きお坊さん時代に「プッタタートイズム」と言えるほど

 プッタタートの本を読み、彼自身生き方も変わった!と

 言っています。

 

 ということで、ツイキャスで

 そのあたりをいろいろ聞いてみました。

 

 1日目のは、こちらからどうぞー。

 

 プッタタート師についての話(前編)

 

 プッタタート師についての話(後編) 

  

 

 

 せっかくなので翌日もやろうっかー

 ということになり連続してツイキャス。

 

 2日目はプッタタートの話が

 途中でピー(幽霊)の話やらアラカンとは?

 の話やらになりましたが、マイペンライ!

 

 プッタタート師の何がすごいのか(1)

 

 プッタタート師の何がすごいのか(2)

 

 プッタタート師の何がすごいのか(3)

  

 気づけば1時間半近くもしゃべってました。

 

 夜遅くなのに聞いてくださる方がいて

 質問いただけると話が膨らんでいきますね。

 

 

 なんかホームさん、

 調子に乗ってきてるので、今晩もやりましょう

 ということに!

 

 私も知らないこと、素朴な疑問をいろいろ

 聞いてみたいと思います。

  録音しておいてまた何かの役に立てればいいかな、、と

 思っています。

 

 

 こんなマニアックの話を聞いてくださる方がいるのかなあと

思っていましたら、

 あら!

なんと修羅観音さんという方がブログで

感じれれたことなどをアップしてくださっているでは

ないですか!!

  

 私のことも丁寧に紹介してくださり

 恐縮です。。

 

 修羅観音さんのブログはこちらからどうぞ。

 

 

 こんなタイの山奥から

 発信できるなんてありがたい時代になりました。。

 

 

 ということでホームさんへの

 プッタタートをめぐってのお話。

 今日も行いますー。