沖縄からのかわいい訪問者

 

   先日、このライトハウスに

 沖縄の大学生Yさんが来てくれました。

  私が3月に沖縄に行った際に

 共通の友人の結婚式で少しお話をして

 「タイにおいでよー!」

 と言ったら、本当にすぐに時間を作って

 もう4月には来てくれたのでした。

 

  20歳の大学の2年生ですが、

この1年は休学していろんな体験をしたいとのこと。

  農業、仏教、食育などに興味があるということで

こちらライトハウスで数日間、瞑想したり、托鉢に行ったり

タイの方たちと一緒にご飯を食べたり、

またタイに来られて農業一筋29年の上田さんご夫妻の

農園を訪ねたりと、Yさんのおかげで

私たちも楽しい時間を過ごすことができました。

 

18175799 1553891687955822 259981291 o

 

世界を広げる時期

 

 Yさんを見ていると

 自分の大学生時代を見ているような感じでした。

 私もボランティア活動をしたり

 タイのお寺に当時の指導教官の先生と一緒に行ったり

 国内外のいろんなところ旅したりしていました。

 自分が何が好きで、何ができるのか。

 いろんな迷いがありながらも

 外へ外へと縁があれば出て行って

 人とのつながりを楽しんでいました。

 

 学生時代が終わってから

 「学生って、特権だなあ」

 と感じたことが何度もありました。

 学生というポジションは世界をどんどん広げるのに

 ふさわしい肩書き。

 もちろん学生ではなくとも世界を広げられますけれど

 いろんな方に紹介するときに「学生」は

 すごく役に立ちます。

 ここライトハウスにもぜひ

 たくさんの学生さんが訪れて

 心と体を鍛える時間を持っていただけたらなあと

 思っています。

 

恩を次の世代へ

 

 今年に入ってから

 私が大学時代にご縁をいただいた方と

 再び出会うことができたり

 また違った形で縁が復活したりと

 20年前を思い起こす出会いが増えています。

 その度に

 あー、自分はこうした体験や人たちのおかげで

 今このタイで好きなことをさせてもらっているんだなあ、

 と実感します。

 

 そして次の世代へとまたいただいた恩を

 送りとどけていく。

 そんな役割になってきているように思います。

 私は大学・大学院と学生時代を長くしてきましたので

 恩ばっかり受けてきています。

 これからの恩送り、

 どんどん紡いでいきたいと思います!

 

 Yさん、またタイに来てくださいねー。

 楽しみにしています。