人間であること



おはようございます!

旅の途中ですが、今朝も無事説法をアップしました。


今日もまた

なじみにくいワードが出てきます。


基本、タイの人に向けて

お話しされている説法ですので

ちょっと解説も加えておきました。


人間であること、というのを

今日は考えさせられる部分です。

サーマネーン出家式 ( Vichai )

 


こちらからポチッとどうぞー。






ラーマ9世国王さまへの弔問



昨日は、母と一緒に朝

FOMのエーさんをたずねました。


カンポンさんをずっと支えてこられた方。


母もエーさんの大ファン。


エーさんは、ビジネスもどんどんやりつつ

ビジネスではない法のことも

どんどん展開していく素敵な女性。


沖縄にカンポンさんがこられた時に

母も会っているので、

久しぶりの再会です。


今、昨年亡くなられたラーマ9世国王さまへの

弔問を王宮前広場で受け付けています。


ご遺体が安置されている場所まで

黒い服を着たタイの人たちが続々と

毎日弔問しているんですね。


エーさんの家はそこから近いので

ぜひ私たちも弔問に行くといいよ、と

勧めてくれました。


さらに母は着付けができるので

黒い服を着て私と母の2人

参拝をしようとしました。


が!


何度もセキュリティーチェックが入り

結局誰かタイの方と一緒に入らないと

外国人の人は中には参拝できないということでした。


残念!


弔問客は途切れることなく

昨日は勿論平日でしたけれど

3~4時間待ちは普通のこと、だそう。


タイ全土から国王様への気持ちを表すために

続々と人が訪れていました。


そうした雰囲気を味あわせてもらっただけでも

なんだかタイの人たちの気持ちに

少し近づけた気がします。


なんかセキュリティーチェックをしている

警察の人も、とても優しかったんですよね。


「あなたは外国人だから、ダメ!」


というのではなく


「こんなにキレイな着物をつけて

 わざわざ弔問に来てくれて

 本当は通してあげたいけれど

 規則があるので、残念です。。。」


みたいなノリで私たちに接しているのが

わかるんですね。


特に母は高齢なので

警察の人が、イスを出してくれたり

水を持ってきてくれたりして

おもてなしを受けました(笑)


そんな優しい人たちの

気持ちの支えになってこられた国王さま。


遠くからでしたが

ご遺徳を偲ばせていただきました。



さて、今日はいよいよ

母を連れてライトハウスに戻ります。


車で行きますので、

無事安全運転で行ってきまーす!